法人向けのおすすめレンタルサーバーを比較してみよう

MENU

はじめてのレンタルサーバー

個人や法人でサーバーを立てることも可能ですが、費用面でも管理面でも負担が大きくなります。
この負担を軽くしてくれるのが、レンタルサーバーです。

 

自宅や自社でサーバーを管理するメリットはもちろんあるでしょうが、
デメリットにはトラブル時の対処を自分達でしなければならないということがあります。

 

その点レンタルサーバーなら、サーバー機能を自由に使いながらトラブル時の対処は
運営元が引き受けてくれる点がメリットです。

 

レンタルサーバーには専用と共用があり、
共用は他のユーザーと共同で1台のサーバーを利用するという仕組みです。

 

シェアするぶんレンタル費用が低くなりますが、専用サーバーよりは制限が出てきます。
専用サーバーは、1台のサーバーを自分専用に使えるサービスです。

 

利用範囲が広がりますが、そのぶんレンタル費用は高くなります。
レンタルサーバーは別名ホスティングサーバーとも呼ばれていますが、どちらで呼んでも同じ意味で通じます。

 

中には驚くほど格安のレンタルサーバーもあり、
少しでも費用面を抑えたいという方には嬉しいサービスとなるはずです。

 

共用でも専用でも、場所も管理の面倒も心配する必要のないレンタルサーバー。
各社で競ってサービスが展開されているので、都合のいいサーバーを選ぶ余地もあります。

法人の独自ドメイン取得

レンタルサーバーを借りるにあたって重要になるポイントの一つが、独自ドメインを使えるかどうかです。
いまどき独自ドメインを使えないレンタルサーバーは滅多にありませんが、
特に法人では企業名を認知してもらう意味でもキーポイントとなるのがドメインです。

 

どんなに小規模のビジネスを行っている法人でも、独自ドメインは取得するようにしましょう。
ただ、ドメインは同じ名前を他ユーザーが使っていれば取得できません。

 

自社名なのに、すでに他社が使っていて取得できないという場合もあるのです。
中には同じ名前の会社が取得しているのではなく、
ただドメインを取得する目的でおさえられてしまっているケースもありますから
早めにドメインを取得しておくことが大切なのです。

 

 

独自ドメイン=企業の信頼にもつながります。
もしも企業名とは異なるドメインが使われていたら、ユーザーの中には不信感を抱く人も多いでしょう。

 

ユーザーや取引先とのやり取りのために使われるメールアドレスも、
独自ドメインを取得していれば企業名を入れることが可能です。

 

逆に独自ドメインを取っていなければ、メールアドレスは企業名が入らないものを使わなければなりません。
それでは信頼性が薄く、万が一のトラブルがあったときにメールアドレスからして
信用できない法人と評価されてしまいかねないのです。

レンタルサーバー 選び方 法人

Web制作会社のプロの方々にも好評のレンタルサーバー